この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

効果のある動画で広告を作りましょう

文章よりもわかりやすい

文字を読むよりも動画は見るだけですので、視聴者に負担を与えなくてすみます。
若者の活字媒体の利用率が低下している現在では、文字だけの広告では興味をもってもらえません。
しかし動画でなら文字が見にくい高齢の方にも商品をわかりやすく説明することが出来ます。
利用する場面を動画にすることによって、メリットや特徴、使用方法を全て伝えることが出来るのです。
視聴者自身も使っているイメージがわきやすいので、使ってみたいという購買意欲につながります。
動きによってたくさんの情報を取り入れることができますので、限られた時間の中で伝えたいことを最大限に的確に伝えることができます。
また、動画の作り方によって商品のイメージが変わりますので、興味をひくことも可能になります。

文章よりも記憶に残りやすい

人は視覚・聴覚から9割以上の情報を受け取っています。
動画は、視聴者が視覚や聴覚を同時に使うことになりますので、自然と伝えることが出来ます。
そして動画は、テキストよりも記憶に2倍定着するといわれています。
動画では、ナレーションなどの説明の他に商品や企業のイメージを伝えるために音楽を使います。
良い音楽と使うことは売上にすぐつながるわけではありませんが、無意識の部分に訴えることになり、いいイメージに誘導しやすいのです。
広告では、やはり記憶に残ることが大切です。
音楽によっていい感情として潜在意識の中に残すことが可能なのです。
また、インパクトのある演出から個性を印象付けることも出来ます。
よさそうな商品・会社という印象は、信頼感につながります。