この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

動画の効果的な活用方法

YouTubeで動画広告

動画広告の配信の掲載サイトでは、YouTubeやニコニコ動画などが多く使用され、どんどん成長しています。
インストリーム広告と呼ばれ、現在一番多く使われています。
YouTubeでは、ユーザーがTrueView動画広告を再生して一定秒以上視聴した場合に課金される体系になっており、予算が少ない場合も気軽に掲載できますし、商品に合わせてターゲティングができます。
また、Web上で何人の人が視聴したのか、購入につながったのかなどの様々なデータをリアルタイムで見ることができますので、動画での効果がわかりやすいので、改善しやすいですよね。
また、YouTubeに動画を掲載するとGOOGLEの検索エンジンで有利な効果があります。

タイムラインで動画広告

TwitterやFacebookなどのタイムラインなどに埋め込まれているインスクロール広告動画も見てもらいやすいため、増えているようです。
10代では、オンライン動画の接触は80%を超え、テレビと変わらないようです。
視聴者は今は若年層が多いですが、これから長期的にどんどん成長し続けるといわれています。
購入に至らなくても、興味をもってもらえると拡散されやすい形式ですので効果は期待できます。
視聴者に共感してもらえれば、Twitterでリツイート、Facebookでシェアで共有し、友人のタイムラインに広がっていけば、たくさんの人に見てもらえます。
また、デジタルサイネージは、駅や商業施設など町中にその環境は広がっていっています。