この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

動画広告は効果的に利用するには

動画広告に向いている商品

動画広告に向いているのは、どのような商品でしょうか。
ネット広告には、拡散力があり企業や商品の認知度には効果がありますが、向いていないケースもあります。
クリック率が多いのは、車、メルセデス・ベンツやBMWなどで、乗り心地や機能性、レビューの動画やスポーツ関連のNIKEなど個人の趣味に関連する企業のもののようです。
アパレル・美容品は、インフルエンサーの発信、メイク方法の動画が人気があります。
その他には、転職やアルバイト探し、コンサルティングや語学などは、サービスでの利用を動画にすることでわかりやすくしているようです。
飲料や食品では、ブランド価値を上げる有名人とコラボしたものやユニークなもので話題を呼んでいます。
短時間の動画広告では、マーケティングをするために、各企業特色のある動画を製作しているようですね。

動画広告を作るポイント

動画サイトでの動画広告は、5秒であっても最大限のメリットを伝えれば、印象を残すことができます。
見てもらうことが大切なので、良い印象ならば集客や商品の購入率をアップが期待できます。
その為には、ターゲットに合わせた配信形式を選定することが大事になってきます。
視聴者を引き込む動画を作成するためには、ブランドの知名度、商品のイメージづけなど目的をはっきりと定めましょう。
あまり宣伝色が強いと、視聴者に不快感を与えることがありますので、興味を持ってもらえるような工夫が必要となります。
また、費用がかかるかもしれませんが、画質がよい方が効果が高くなります。
マイナスイメージなるものは、影響が強くなりますので避けましょう。